腎臓を大切にして腎機能回復と低下予防

【PRスペース】

腎臓に良い食べ物と悪い食べ物

腎臓は、肝臓と同じくらい私達の身体にとって、大切な役割と働きをしています。腎臓は一言で言うと、尿を作る臓器であり、体内の老廃物を体外に出したり、血液や水分量を一定に保つ役割りをしているんです。

 

また、食べ物には必ずと言っていいほど、身体にとって良い食べ物と悪い食べ物があり、もちろん腎臓にも良いとされる食べ物と悪い影響を与えてしまう食べ物があるんです。

 

腎臓に良い食べ物をいくつか挙げると。まず、ほとんどの人が大好きな肉類です。肉類にはタンパク質が含まれていて、腎臓の働きを高める効果があります。しかし、あまり過剰なタンパク質の摂り過ぎはNG。肉類でも、鶏肉や豚肉が良いとされています。

 

次に、海からの恵みでは、イワシやブリ シジミ 昆布やひじき 穴子や貝類が良いです。昆布やひじきは、尿をアルカリ性に変えて、尿酸を分解して体外に出す働きをしてくれます。特に有名なのは、シジミです。 ビタミンやミネラル さらにはオルニチンやタンパク質などの栄養素が沢山含まれていて、腎臓機能を高めてくれます。

 

また、ハト麦や大豆は利尿作用を促してくれますし、梅干しや小豆は腎臓病の予防にもなります。さらに、人参 胡麻 キャベツ 鰻 芋類なども豊富なタンパク質や食物繊維が含まれているので、腎臓機能アップには欠かせない食べ物として挙げられます。

 

 

また、過剰な栄養素を摂り過ぎると、腎臓は休む事なく働く事になり、結果的に腎臓機能はペースダウンしてしまうんです。最近は、塩分の多い食品も増えていますが、腎臓は塩分を、ろ過する働きもありますので、それらの塩分を摂り過ぎると、腎臓のろ過機能も低下してしまい腎臓病などの原因にもなります、。

 

また、塩分と似た様な成分にカリウムがあります。カリウムは、体内に吸収された後、栄養にならない分を尿として出します。しかし、腎臓機能の低下や腎臓病・腎不全などを発症すると、カリウムは血液中に溜まってしまうので、これらの摂り過ぎに注意する必要があります。

 

このような事から、トータル的に見ると、塩分・カリウム・タンパク質などの過剰な摂取が、腎臓機能の低下、あるいは腎臓病・腎不全患者は、控える必要があります。

 

したがって、それらが多く含まれる食べ物は、腎臓にとっては余り好ましくないのです。塩分を多く含んでいる食べ物などは、スナック菓子・ハム・ベーコン・ソーセージなど、調味料などでは、ソース・味噌・醤油。

 

カリウムを多く含んでいるのは、バナナ・メロン・卵・フライドポテト・カボカドなど…多数あります。これらの食べ物が腎臓とって悪い食べ物と言うよりは、過剰に摂り過ぎない様に注意すると言う事ですので、カロリー計算したり、他の食材と一緒に摂るなどの工夫をして、腎臓を労ってあげましょう。

 

 

PRスペース

慢性腎不全と診断された人のパーフェクトマニュアル

 

おすすめ

おすすめ商品


HOME 腎臓の主な機能 腎機能低下に注意! 腎臓の負担を減らそう 腎臓の病気の種類